当院について

安全なお産をして、元気な赤ちゃんを産んでもらう

当クリニックはお産を取り扱う診療所です。

  • お産のための院内環境が充実している
  • 病院が清潔できれいで快適である
  • 食事が美味しい
  • 退院時のお土産が充実している
  • 時間外診療も割合融通が利き、外来待ち時間が短い
  • お子さま連れの妊婦検診も可

などの細かいサービスと1つ1つのお産を大切にすることで、産科診療所としての差別化・特徴化を図っています。
しかし、産科診療所としての本質的なサービスとは、「安全なお産をして、元気な赤ちゃんを産んでもらう」このことに尽きます。当クリニックは水準以上の看護体制、緊急対応能力を持つ産科診療所として、常時ありたいと考えています。
スタッフ一同、元気で活力ある診療所をめざして頑張っていますので、よろしくお願いします。

当クリニックの特徴

出産体制

24時間、医師、助産師立会い分娩です。また随時、緊急帝王切開可能な体制をとっています。

里帰り出産

できるだけお引き受けしています。お早めにお電話で分娩のご予約を入れてください。

妊婦検診

里帰り分娩や近隣病院での分娩など、当クリニック以外での分娩を希望される方もお引き受けいたします。ご相談ください。

4D超音波検査

4D撮影で赤ちゃんのお顔が立体的に見えます。エコー写真アルバム・エコー動画DVDをお渡ししています。

充実した助産師

産前の健康管理から産後の育児相談まで、妊婦さんの最も頼りになるパートナー助産師が大活躍しています。

バースプラン

分娩前にご希望(立会い出産、ビデオ撮影、臍帯切断など)をお聞きして、できるだけそれに添えるよう配慮しています。

母乳外来

助産師が育児相談にお応えしながら乳房マッサージを行います。当クリニックで分娩されていない方も受診していただけます。
母乳外来

出産・育児支援

妊娠中はもちろん、出産後も手厚くサポートさせて頂きます。
出産・育児支援

スタッフ紹介

院長 北山俊也

略歴・沿革
昭和29年9月 和歌山県で生まれる
昭和33年 父(北山俊彦)が北山医院として当地域に開院
以来、産婦人科・内科・小児科を標榜する診療所として、地域医療に微力ながら貢献
昭和54年3月 順天堂大学医学部卒業
昭和54年4月 和歌山県立医科大学付属病院 研修医
その後、おもに和歌山県立医科大学付属病院、野上厚生総合病院等の関連病院で研究、研修、医長として勤務
平成3年2月 医学博士の学位授与
りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院の産婦人科医長として約8年勤務(年間出生数約1,000~1,200、手術症例年間約450~500例)
平成11年9月 市立泉佐野病院 退職
旧北山医院跡に「医療法人俊知会 北山産婦人科クリニック」として新規開院(開院していた隣接の眼科クリニックと合併)
平成25年1月 産科医療功労者として厚生大臣より表彰
専攻科目
産婦人科(分娩、周産期学、婦人科腫瘍学、婦人科内分泌学)
資格・他
医学博士
日本産婦人科学会認定医 母性保護法指定医
和歌山県産婦人科医会理事
和歌山県立医科大学産婦人科医局同窓会幹事
県立高等看護学院非常勤講師
家族
妻(隣接:眼科クリニック院長)

師長 三宅祐佳
助産師

副師長 秋山広美
助産師

病棟スタッフ

外来スタッフ

当クリニック基本方針

  1. 私(北山俊也)の医療倫理指針
    医学および医療は、病める人の治療はもとより、人びとの健康の維持もしくは増進を図るもので、医師は責任の重大性を認識し、人類愛を基にすべての人に奉仕するものである。
    1. 医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。
    2. 医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。
    3. 医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。
    4. 医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。
    5. 医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。
    6. 医師は医業にあたって営利を目的としない。
  2. 北山産婦人科クリニックの目指すべき産科診療所のあり方
    1. 院内医療情報を公開する。(患者様のプライバシーは厳守する。)
    2. 高次周産期医療施設、同施設の新生児集中治療室(NICU)、近隣の小児科医、新生児科医との協力を密にし、必要があれば常時、可及的速やかに搬送出来る体制をとる。
    3. 帝王切開・輸血が常時、可及的速やかにできる施設を目指す。
    4. 医師、スタッフの生涯研修・自己研修に熱心に取り組む。
    5. 助産師・看護師などの医療スタッフを充実させる。
    6. 安全なお産のための母児モニターを十分に実施する。
    7. 妊婦の意向を尊重し、快適で安全な分娩を心掛ける。
    8. 検査、処置に関する説明を十分に行う。
    9. 医療安全システムを整備し、清潔で整理整頓された院内を目指す。
    10. 産後の安心しての子育てに、出来うる限り力をお貸しする。

以上の事項が私の医療倫理指針と北山産婦人科クリニックの産科診療所として目指すべき目標、方針です。
平成13年に父北山俊彦の跡を引き継ぎ、新たにスタートしてからもう14年、すでに経過しました。楽しい出会い、苦い出会い、色々な患者様との出会いがありました。無我夢中のあっと言う間の14年間でした。
今回ホームページを新たに作成するこの機会に、私が今考えている医師としての倫理指針と目指すべき北山産婦人科クリニックのあり方を紹介させていただきました。

平成27年5月吉日
北山産婦人科クリニック院長 北山俊也

このページのトップへ